飲み放題メニューはお店によって変わる

会社の飲み会や友人同士の食事会の際に居酒屋を利用する事は決して珍しい事ではありません。

集まる人数が多い場合には、幹事をあらかじめ決めておいてお店を決定するというケースも出てくるでしょう。

こうした場合、人それぞれで食べる量、飲む量が大きく変わってくることになります。

一人一人に注文を取るとなれば会計時に大変なことになりますし、集金をする幹事の負担が極端に多くなってしまいます。

そこでおすすめになってくるのが飲み放題のメニューです。

定額のメニューであれば、人それぞれで集金の額が変わってしまう事もありませんし、幹事の負担も最小限に抑える事が出来ます。

具体的に飲み放題のメニューはそれぞれの店によって変わってくることになります。

中には無制限でお酒やソフトドリンクが飲み放題というところもありますが、そのほとんどは時間や飲み物の種類に制限があるものばかりです。

比較的女性が飲みやすいカクテル類が豊富な店があったり、日本酒やウイスキーなどお酒の種類が豊富な店があったりと、それぞれで特色も異なってくるので、お店探しの際には注意していくようにしていきましょう。

飲み放題で注意しなければならないこと

会社の歓送迎会や新年会、忘年会など、年齢層が厚く男女比も均等な場合には、飲み物の種類のバランスがいいところを選ぶのがお勧めです。

上司の機嫌をとることも大切ではありますが、新人や若い女性が嫌な思いをするようであれば意味がありません。

誰でも納得できる飲み物のメニューがあること、これが会社での利用であれば大前提となっていきます。

友人同士や気心の知れた相手との飲み会というのであれば、多少飲み物の種類が偏っていても何ら問題はありません。

相手の趣向も把握しているわけですから、自分たちがより良いと感じた店を選んでいくといいでしょう。

とはいえ、こうした場合でも注意しておきたい点は出てきます。

それが飲み放題の時間制限についてです。

店に入ってから2時間など、居酒屋によってはその注文に時間制限が設けられているところがあります。

短時間での食事、飲み会というのであれば何ら問題はないのですが、出来るだけ長く食事を楽しみたいという場合には不向きとなる場合があるわけです。

もちろん、すべての店がそうというわけではありませんが、居酒屋を選ぶ際にはこうした制限となる時間やラストオーダーの時間等々もしっかりチェックしておくようにしましょう。

せっかく食事や飲み会を楽しむことができたのに、いいところで断ち切りになってしまっては興ざめもいいところというものです。

幹事の人は飲み物の種類を事前にチェックしてラストオーダーや時間制限についても事前に説明しておくと、参加者からは喜ばれます。

ある程度居酒屋の雰囲気やメニューを把握することができれば、自然と飲み会も楽しいものになっていきますし参加の意欲もわいていきます。

幹事さんが押さえておきたいポイント

幹事は出来るだけ参加者の人数を増やす工夫をしていくことも大切です。

幹事として喜ばれる店をさがす方法として、ネット上の口コミを参考にするのもおすすめです。

ネット上の口コミが良いからと言って絶対に飲み会が成功すると断言できるものではありませんが、何の事前調査もなしに店を選ぶよりはましです。

口コミが良いところであればそれだけ利用者が多く、お客の満足度も高いという事です。料理やドリンクに関しても一定の品質が期待できます。

実際に店を予約する前には幹事自身が店に足を運びそのチェックをしていく事も大切です。

自分の目で料理やお酒の種類をチェックして、お店の店員にも相談してみるのがお勧めです。

その場で予約をすれば、細かな要望も店側に伝える事が出来ますし、アレルギーなどの有無も伝えておくと便利です。

大人数が参加する飲み会の場合には、中に食物アレルギーを持っている人もいるかもしれません。

その人だけが食事に手を付けられないという事がないように、幹事側が配慮しておけばお店の人にも参加者にも喜ばれます。

アンドモアなどの居酒屋を新たに探して飲み会をセッティングするという場合には、ここで挙げたポイントを参考にしていくといいでしょう。

たったこれだけのポイントを押さえておくだけでも万人受けするような飲み放題メニューをさがすことができますし、参加者の満足度も高まっていきます。

幹事となれば面倒な集金やお会計、店選び等々の作業も増えていきますが、事前に口コミなどを参考に店選びをしておけばそ

の手間も幾分軽減することができます。

大変な作業の多い感じだからこそ、こうした店選びの過程が重要になってくるというわけです。

先にも挙げたように飲み放題のメニューは居酒屋それぞれで特色が異なってきます。

時間やお酒の種類、量など、それぞれの飲み会参加者の年齢層や性別を考慮してよりケースに合ったものを選択していく事が第一です。

この選択さえ間違えなければ、多少幹事の作業にミスがあったとしても大事になることはほとんどなくなります。

・関連サイト・・アンドモワ求人