アンドモワ株式会社の事業概要

アンドモワ株式会社は、ワクワク感を高めることを大切に、心に残るステキな体験の提供を心掛けている企業です。

顧客に意外性を与える精神で、日々感動や笑顔を生む場の提供を考えていますから、社会にとって明るい貢献をしていると考えられます。

具体的な事業内容は、居酒屋を中心とした飲食店の経営で、気軽に立ち寄れるお店から、本格的なコース料理のお店まで手掛けているのが特徴です。

事業の規模は、全国に340店舗以上を出店しているほどで、現在も成長を続けて店舗数を増やしています。

また、手掛ける飲食店は日本食だけでなく、中華にイタリアンといったお店にも広がります。

居酒屋は個室中心の設計や経営で、周りを気にせず落ち着きながら過ごせると評判です。

更に、居酒屋のスタイルは一つに限定されず、地域の特徴やニーズに合わせて、最適な料理を提供しているのも見逃せないポイントです。

例えば、仙台では厚切りの牛タンや玉こんにゃく、一方の名古屋ではひつまぶしに味噌かつなどが取り扱われています。

海沿いのお店では、新鮮な海産物を使った料理が提供されていますから、アンドモワ株式会社は立地を活かしてお店の付加価値を高めていると評価できます。

しっかりとしたコンセプトがある

店舗は他にも40以上の種類に分けられ、それぞれしっかりとしたコンセプトに基いて経営されています。

逆に本格派の方面では、祇園や西麻布に渋谷などの一等地に店舗を構えていて、落ち着いた雰囲気と質の高い料理を提供しています。


出典元:https://twitter.com/andmowa

祇園のお店は、素材を活かしたしゃぶしゃぶと日本料理が特徴で、40名の団体客にまで対応できるのが魅力的です。

企業の歓送迎会は勿論、旅行客が落ち着いて過ごす場所としても、祇園の日本料理店には人気があります。

西麻布は、江戸料理店という一風変わったコンセプトが個性的なお店で、一皿の質を高めて料理を提供しつつ、それに合う季節ごとの地酒も見逃せません。

加えて、このお店は日本で始めてハラールの認証取得に成功していますから、宗教を理由に食べられる物が限られている人でも、安心して料理に舌鼓を打つことができるでしょう。

店内は広々としていて、柔らかい色の照明が付けられているので、穏やかな雰囲気の中で楽しく過ごすことができます。

渋谷のイタリアン料理店は、イタリア人のオーナーがプロデュースしていて、イタリアの伝統的なレシピが忠実に再現されているのが魅力です。

お店は自然の光と木々に囲まれていて、昼と夜でも雰囲気や表情を変えるので、何時でも景色を楽しみながら料理を味わえます。

店舗は洋館造りで、一歩足を踏み入れればそこは異国ですから、ウエディングやお誕生日会の会場として、特別な一日を過ごすのに適したお店です。

アンドモワ株式会社が掲げている、ワクワクやステキな体験の提供は、他社とのコラボレーションによっても実現しています。

ゲーム会社とのコラボでは、人気ゲームそのままのイメージが店内で再現されていて、楽しいひと時が過ごせる空間が作り上げられます。

しかし、よくあるゲームイベント会場で提供されるメニューとは違い、料理は本格派で価格と味に納得できるはずです。

それもそのはず、コラボ店舗ではアンドモワ株式会社が蓄積したノウハウが活かされているので、メニューに手抜きはありませんし、ワクワクとステキな体験の提供に恥じない完成度となっています。

もう一つのコラボ店舗では、提供商品に工夫が凝らされていて、キャラクターごとのイメージに合った料理がメニューに並びます。

作品のファンであれば、ひと目で納得したりイメージに限りなく近いと理解できますし、味わうことで更に料理そのものにも満足できるでしょう。

企業の理念やノウハウについて

企業の理念やノウハウは、他社とのコラボでも活かされていて、イメージが重要なゲームを愛するファンに認められています。

おもちゃメーカーとのコラボは、おもちゃがコンセプトのお店とは思えない位に、自然な形で料理の提供が融合しています。

メニューはアンドモワ株式会社が担当しているだけあって、軽食から本格的な料理まで用意されていますし、大人にはアルコールも提供しているほどです。

おもちゃを楽しむ主役の子供には、店舗で手に入るグッズも提供されているので、子供も大人も満足感を高めてから帰ることができます。

何をどう提供すればお客は喜ぶか、それを知っているのがまさにアンドモワ株式会社で、食を中心に価値を提供するエンターテイナーだと形容可能です。

居酒屋や本格料理店、コラボ店舗以外にはちゃんこや釜飯といった、変わり種のお店も経営店舗の中に加えられています。

ちゃんこは鶏がらスープに、釜飯はダシや炭火焼きに拘っているので、こういった差の付け方が似たり寄ったりを避けて、お店ごとに個性を生む切っ掛けになっていると分析できます。

競争と入れ替わりの激しい飲食業界で、常に付加価値を模索して存在感を表し続けていますから、注目度の高い見逃せない企業に間違いないでしょう。