■保育士になるための方法

私は保育士を目指して勉強をしたことがあります。

そのきっかけは保育士になるためのルートは1つではないということを知ったことでした。

■基本的に専門学校や短期大学を卒業した人が資格を取得できる

基本的には専門学校や短期大学を卒業した人が資格を取得できます。

資格には一種と二種がありますが、2年制の学校では二種しかとれません。

4年制の大学を出た人が一種をとれます。

しかし一種をとるのに必ず大学を出る必要があるのかというとそうでもないようです。

まずは二種を取得してその後に実務の経験をつむと試験を受けられるようになりますので、その試験を突破することで一種を取得できます。

私は高卒でフリーターをやっていましたので、どちらのルートも難しいと思いました。

すでに20歳という年齢なので専門学校くらいならいけるかもしれないと思って学費を調べました。

私が調べたサイトには専門学校は2年間で220万円くらいかかるとありました。

短期大学も同じくらいです。

3年制の専門学校なら幼稚園教諭二種の免許も同時にとれる可能性が高いです。

なお、幼稚園教諭二種の免許は2年制のコースでもとれますので、必ず3年制でなければならないというわけでもありません。

保育士を目指す人でもこれからの時代は幼稚園教諭の免許も持っていると転職の可能性が広がると言われています。

■「児童福祉施設において2年以上従事し実務経験を積んだ方」という条件を満たしている事

専門学校・短期大学へ行かないルートとしては、「児童福祉施設において2年以上従事し実務経験を積んだ方」という条件を満たしていることです。

2年以上と書きましたが、2880時間以上という条件もつきます。

1日8時間労働で年間200日働いたら1600時間なので普通に働いていたら十分に満たせる条件です。

パートやアルバイトとしてなら免許を持っていなくても児童福祉施設で働くことができます。

この条件を満たしていたらあとは試験を受けて合格することで免許をとれます。

■各種学校・通信講座などを受講するというルートなどもある

他には各種学校・通信講座などを受講するというルートなどもあります。

どのルートが一番正解というものはありませんが、専門学校・短期大学へ行くのが一番確実だと思われます。

一般教養も学びたいなら4年制大学がいいです。

高校生の時点ではまだ将来のことを迷っているかもしれません。

一般企業への就職も考えるなら圧倒的に4年制大学のほうが有利です。

ハッピーマムなどの保育園で働くことができる保育士になるなら学歴は関係しませんので、それ以外の道は考えていないという人なら4年制大学へ行くのは時間とお金の無駄になるかもしれません。

ところが、若いうちの夢は変わるものです。

大学でさまざまな経験を積み・さまざまな出会いを経験するうちに別の夢を持つ可能性もあります。

そうなったときに4年制大学へ行っておいたほうが夢の実現可能性があがるのです。

「児童福祉施設において2年以上従事し実務経験を積んだ方」という条件についても、自由に満たせるというわけでもありません。

なぜなら、たしかに免許を持たなくても児童福祉施設で働くことはできますが、募集されている人数は非常に少ないからです。

競争率は高く、面接でしっかりと自己アピールしなければ通りません。

仮に面接に通過したとしても、契約社員といった雇用形態になるので2年が経過する前に契約をきられてしまう可能性もあります。

また、給料も高いとは言えませんので、試験に通るかどうかもわからないのに2年間もがんばりつづけるというのは精神力も必要です。

若い人はもっと給料が良いアルバイトがたくさん見つかるので、誘惑に負けないようにしなければなりません。

この条件を無理にクリアしようとするよりも各種学校・通信講座を受講したほうが可能性は高いのではないでしょうか。

正社員としてサラリーマン・OLをしながら通信講座を受講し、保育士になる人もいます。

女性の場合結婚というイベントがあるので、OLをやっている人でも将来のことを考えて免許を取得する人もいます。

OLのほうがはるかに高収入という声もありますが、結婚をして家事や子育てをしながらOLをやるのは大変。

結婚を機に転職をする人も多いのです。

私はというと、児童福祉施設で働いてみたものの途中で辞めてしまいました。

フリーターをやっている知り合いが自分よりもはるかに高い給料をもらっているという話を聞くとやはり精神的に辛かったです。

また、先輩から「あなたは向いていないと思う」と言われたこともあります。

人によって向き・不向きがあるので、適正がある人か、よほどなりたいという強い意志を持っている人でないとこのルートで成功するのは難しいでしょう。

フリーターから保育士を目指した私が思ったのは、人は経験を積むほど色がついてくるということです。

高校卒業時点よりも20歳になって社会人経験を2年積んできた人のほうがはるかに色がついています。

例えばお水の仕事をして男性からちやほやされてかつ高収入を得ていたら人間が変わるでしょう。

それまで我慢ができたことも我慢ができなくなったり、色がつくことはいいことばかりでもありません。

やはり高校卒業後に専門学校・短期大学へ進むのが最もおすすめのルートです。