雛祭りの歴史

日本では3月3日に雛祭りのお祝いをします。
女子が健康に成長するように祈る行事で、雛人形に雛あられや菱餅を備えて寿司や白酒を楽しみます。

平安中期に人形を使った遊びが平安貴族の間で流行りますが、この遊びが雛人形の源流だと伝えられています。
室町時代には、男女の人形が一対になった贈答品を贈る風習が登場します。

3月3日の夜は枕元に置き、翌日神社でお祓いをして保管し、翌年の3月3日に再び取り出すという習慣が定着することになります。
段飾りは、江戸時代になってからのものです。
元禄の頃は庶民文化が栄えて雛人形も進化します。

有名な元禄雛には十二単が取り入れられ、それまでの雛人形に比べて豪華な装いになります。
徳川吉宗の時代にはサイズが大きい享保雛が流行って町人の家でも飾られるようになりますが、幕府によって24センチ以上の雛人形は禁止されます。

この禁止によって、職人達は小さくて精密な雛人形を作るようになります。
江戸時代後期になると、現在の雛人形に近い形になってきます。
節句の本来の原義も薄れて、人形は女子の幸せを願う縁起物という意味合いが濃くなります。

人形は平安装束を模しているので、女雛の髪はおすべらかしか古典下げ髪です。
おすべらかしは、江戸時代に完成した髪型で前髪部分が張ったスタイルです。

古典下げ髪は、髪を後ろに全て流して少し垂らした頬の毛を切り揃えたスタイルです。
髪結いの技術が難しいため、古典下げ髪の雛人形は少なくなっています。

もともとは嫁入り道具のひとつとして実家から贈られていた

雛人形は嫁入り道具のひとつとして母方の実家から贈られるのが一般的でしたが、現在では結婚してから子供のために雛人形を購入する家庭も多いです。

人形の飾り方は、地方によって特色があります。
親王の左右の並びや官女の持ち物は地域によって異なります。

時代と共に雛祭りも簡略化されて、昔のように盛大に祝う家庭は少なくなっています。
最近は、マンションの部屋に飾れるようなコンパクトサイズの雛人形が人気を集めています。

時代が変化しても、雛人形は子供の初節句には欠かせないものです。
雛人形を選ぶ時は、事前に飾る場所の寸法を調べておきます。

人形を選ぶ場合に重要なのが店選びです。
最近は、ネットショップを利用して雛人形を購入する家庭も増えています。
ネットショップで雛人形を購入する場合は、安心して購入できる評判の良い店を選ぶことが大切です。

雛人形は、立春から2月中旬にかけて飾ります。
雛祭りが行われる1週間前までには飾り付けを終えるようにします。
地方によっては飾る時期が異なることもあるので、転勤などで地方に引っ越した場合は地元の習慣を確認しておきます。

雛人形はいつまで飾るものなの?

3月3日を過ぎたら人形を片付けますが、地域によっては旧暦まで飾るところもあります。
一般的には、2週間を目安にします。
新暦であれば3月中旬頃までに収納し、旧暦であれば4月中旬頃までに収納します。
人形は、天気の良い日に収納することが大事です。

人形の細かい部分のホコリは、細筆で取り除きます。
人形に触るときは直接手で触れずに布の手袋を使います。
手足と頭は和紙などの柔らかな紙で包み、湿気の多いところは避けて収納します。

箱に入れる場合は、人形が中で動いて傷が付かないように詰め紙を入れておきます。
緩衝材を入れる場合は、人形を圧迫しないように気を付けます。
年に1度は人形を出して虫干しを行います。

親しい人から初節句のお祝いをもらった場合は、その人を招いて一緒に祝うのが理想です。
内祝いとしてお返しをする場合は、お礼の手紙を添えます。
雛祭りは、別名桃の節句と呼ばれています。

現在でも桃の花を飾り桃花酒を飲む家庭は多いです。
桃は、昔から邪気を払うと伝えられてきた植物で日本では高い人気を誇ります。
雛祭りというと、お祝いに出される和菓子を楽しみにしている人もいます。

お祝いに出される和菓子

あこや餅も欠かせない生菓子のひとつです。
伝統がある上品な生菓子で、形は阿古屋貝の形です。
阿古屋貝の形には、子宝に恵まれるようにという願いがこめられています。

全国的に有名な菱餅が菱形の餅になったのは、江戸時代の初期です。
その頃は緑と白の2色でした。
明治時代になってクチナシが入ると赤が加わって3色となります。

3色の色にはそれぞれ意味があります。
赤は魔除けや解毒、桃の花をイメージしています。
白は長寿や子孫繁栄、純白のイメージです。
そして緑は厄除けや健康の色です。

日本では、全国各地で雛祭りのイベントが行われています。
ユニークな祭りのひとつが、いちひめ神社の祭りです。
この祭りでは人形ではなく人間が十二単を着て登場します。

五人囃子の雅楽にのせて人間の三人官女が舞を披露します。
梅の名所としても知られる太宰府天満宮の曲水の宴も非常に有名です。
平安時代にタイムスリップしたような平安装束の行列を見る事ができるので、国内外から多くの観光客が訪れます。
時期的に梅の見ごろと重なるので、全国で行われる祭りの中でも特に人気が高いイベントとなっています。