全労災の住まいる共済

全労災の住まいる共済は、アパートやマンションなどの賃貸住宅にお住まいの方にも便利な商品です。

保障が充実しているだけでなく手頃な掛金で加入できるというメリットもあるので、賃貸住宅にお住まいで住まいのリスクに備えたいとお考えの方は全労災の住まいる共済をチェックしてみましょう。

賃貸住宅にはアパートやマンションの他に戸建て住宅もあるでしょう。

住まいる共済は住宅の形態や保障の内容で選べるように、マンション専用プラン、ベースプラン、シンプルプランという異なるプランを揃えています。

マンション専用プランは風水害のリスクが低い方に適したプランになっており、火災地震、盗難のリスクに対応しています。

自然災害にもしっかり備えたいという方にはベースプランがおすすめで、火災や風水害、地震や盗難と幅広いリスクに備えることができます。

シンプルプランは手頃な掛金で加入したいという方に最適です。

地震と盗難の保障をなくすことで手頃な掛金を実現しています。

風水害に関してはベースプランと比べて保障額が少なくなり一部の保障が対象外になりますが、全く保障がないというわけではないので選びやすいでしょう。

住まいる共済には基本保障の他に、さまざまな特約も用意されています。

類焼損害保障特約をはじめ盗難保障特約や借家人賠償責任特約、個人賠償責任共済があるので、必要に合わせてプラスしましょう。

保障を充実させることでより高い安心感が得られます。

それぞれの特約の特長を確認してみましょう。

類焼損害保障特約とは近隣への延焼による損害に対応できる特約で、住宅から発生した火災や破裂、爆発によって近隣の住宅や家財に損害を与えた場合に1億円を限度に支払われます。

盗難保障特約は盗難による盗取だけでなく、汚損や損傷が生じたときにも保障される特約です。

所轄警察署に被害の届け出をした場合に300万円を限度に保障が支払われます。
※詳細はこちら→住まいる共済

借家人賠償責任特約について

借家人賠償責任特約は賃貸住宅にお住まいの方にとって欠かすことのできない特約です。

居住する借用住宅が火災や破裂などで破損した場合、貸主であるオーナーに対して法律上の賠償責任を負うことになります。

借家人賠償責任特約があれば4000万円を限度に保障されるので安心です。

個人賠償責任共済は賠償責任が生じる万一の事故に備える共済です。

例えば自転車で走行しているときに他人にケガをさせたり、ベランダの鉢植えが落下して重大な事故を引き起こすことも考えられますが、住まいる共済の個人賠償責任共済なら1億円を限度に保障されるのでいざというときも安心です。