最初に、家庭教師を必要としているのは誰でしょうか。

もし児童生徒に勉強に対する意欲が欠けていたり、勉強をすることの大事が理解されていない場合、その必要性は児童生徒の保護者が最も痛感しています。

つまり学校での成績が低空不幸状態で、塾にも通おうとしない。

そうした児童生徒の保護者にとっては、最後の頼みの綱は家庭教師であるということができます。

ところで家庭教師は、他の仕事に比べると時給が魅力的なので大学生に人気があるアルバイトです。

しかし求められていることがなんであるかを考えた場合、学生側は単なるアルバイトであるという認識でいたとすれば、保護者との間に大きなギャップがあることになります。

求められていることの具体的な内容とは、短期間で中間・期末テストの点数が向上し、通知表の数字が良くなり、成績順位が向上し、そしてワンランク上の志望校を目標としてなおかつそこに合格することです。

しかも、家庭教師が求められるタイミングは、このままでは児童生徒の先行きが心配であると保護者が認識したあとという、比較的遅いものです。

これは相当に難しい仕事であると認識しなければなりません。

正攻法で、児童生徒に勉強の心構えを説いたりその姿勢を矯正していてはもう間に合わないという認識が必要です。

このような要請があるとしたら、これはもうアルバイトとしてではなくプロフェッショナルとしての仕事と言って良いでしょう。

もしあなたが家庭教師をするのだとしたら、まず最初にすべきは、ロードマップを作成して児童生徒にではなく保護者に示してみせることです。

最終的にワンランク上の志望校に合格させるため、いま現在はどこにいるのか、そして何が必要なのかを理解してもらうことです。

アルバイトであるとしてもこの段階で無理だと判断したら、仕事を断るのも責任のあるやり方だと考えられます。

そして引き受ける以上は、あなたはこまめに保護者と相談する機会を持って、ロードマップに対して進捗が遅れているのかどうか、上手くいっているのかどうかを報告しなければなりません。

少々堅いやり方に思われるかも知れませんが、お金を得ている以上は当然の行為であり、責任を全うする唯一の手段でもあります。

もし児童生徒の進学先をワンランク下の学校に想定し直してしかもなお受験に失敗したら、報酬を返したとしても責任を取ったことにはならないでしょう。

仕事を引き受けるということは、期待にそうということだからです。

→家庭教師のゴール 評判