アロママッサージというものがあるというのを初めて聞いた時、どのようなマッサージなのか想像がつかなかった人も多いのではないでしょうか。

良い香りのするマッサージなのだろうとは想像はついても、どのようななされるのかはわからなかった人が多いでしょう。

アロママッサージとは、植物油にエッセンシャルオイルを加えて作ったオイルで行うマッサージのことをいいます。

このエッセンシャルオイルとは、植物から有効な成分を凝縮して抽出した物質でできている、その植物の香りが濃く含まれている液体です。

このエッセンシャルオイルのたったの1滴に、その植物特有の有効な成分が凝縮してたっぷりと含まれています。

施術を受ける人の状態や好みなどに応じて、アロママッサージを施術する人が植物油とエッセンシャルオイルを配合し、それを使ってマッサージします。

では、アロママッサージの効果をご説明します。まずひとつめは、植物油によるマッサージで肌の乾燥を補うことができます。

オイルによるマッサージですから、かなりの乾燥肌の人であっても、だんだんしっとり素肌になります。

次にマッサージにより血行がとても良くなります。

オイルを使ったマッサージですから、身体の隅々までなめらかに手でマッサージをすることができます。

次にエッセンシャルオイルの効果を皮膚と鼻から得ることができます。

エッセンシャルオイルのかおりにはラベンダーやカモミールのように、リラックスできる香りがあります。

ゼラニウムやローズのように、華やかな気分になれる香りもあります。

更に、薬にも使われているユーカリ、ローズマリーなどがあります。

また、わりと女性に人気の、レモンやオレンジ、グレープフルーツなども柑橘系もあります。

これらのエッセンシャルオイルは肌に与える効果もそれぞ微妙に違いますので、上手なアロマテラピストさんなどでしたら、ひとりひとりに合わせた植物油とエッセンシャルオイルを選んで、効果的にマッサージができます。

ですから、アロママッサージを受けた後はかなり癒され、とても体が軽くなっていて、元気が出ます。